産毛 濃い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

子供の産毛が濃くなってきた・・そんな時はコレ!

子供の産毛が濃くなってきたら、なるべく早い内に
肌を痛めずに毛を薄くしてくれる抑毛剤を使いましょう
小学生から産毛が濃くなるとこういう怖れもあります

 

たとえ、子供さんが気にしてなくても親の私達が
毛の濃さを感じたら、早めに対策を打ってあげるのが
親の愛情だと思います

 

他の記事でも明記してますが、成人の除毛剤を使ったり
剃ったりするのは、まだ早いのでやめておくべきです

 

産毛が濃い状態なので、大人が抑毛剤を使うよりも
何倍も効果が出るのは早いですし、美容成分も豊富なので
家族全員で安心して使えます!

 

最近はパッケージもリニューアルして、新しい成分も入って
パワーアップしています!ロングセラーの商品ですし
価格も安いのでぜひ使ってみてください

 

PS 最近ではエステサロンなどで、子供脱毛などの
コースも増えていますが、綺麗に脱毛が出来たとしても
子供の肌は成長期なので、絶対安心とは言えません

 

本当に大切なのは、脱毛後の方が何倍も必要になります

 

それを踏まえて考えてもらえれば、ランニングコスト的にも
自宅で気軽に使える抑毛剤の方が圧倒的にオススメですよ

 

 

PS2 更に補足としてお子さんの産毛が
濃くなる理由についてもお伝えしていこうと思います。

 

これは今生えてる産毛をどうこうできる話じゃないですが
お子さんの将来に関わることですので
是非知っておいてほしいことになります

 

ある意味いまあるムダ毛を処理することよりも
大事なことになるので覚えておいてくださいね

 

基本的に体毛の濃さは遺伝で決まりますが
その他にも要因はいろいろあるんですね

 

そのひとつが糖分です

 

なぜかというとインスリンが増えると
男性ホルモンも多くなる性質があるためです

 

食べ物には多かれ少なかれ糖分は含まれてるので
何を食べてもインスリンが分泌されるのはふつうです

 

でもお菓子類などの甘いものは糖質が多いので
インスリンの分泌量も多くなります

 

あとお菓子じゃなくても精製された穀物も要注意

 

お米とかパンとか麺類とかが該当しますが
そういうものもほとんど糖質の塊なので
食べ過ぎには注意が必要です

 

育ち盛りといってもなんでもかんでも
たくさん食べればいいわけでじゃないんです

 

お菓子はもちろんのこと精白された炭水化物は
大人にも悪いので気をつけましょう

 

太りやすいだけでなく体が全体的にダメージを受けます

 

糖化とか酸化とか聞いたことがあると思いますが
甘いものを食べるとそういう影響も出てきます

 

子どものうちにそういうことをちゃんと教育させるためにも
親御さんがわかってないといけないのです

 

でもそのような意識を持ってる人は少ないのが現状です

 

簡単にご褒美とか3時のおやつとかで
甘いものをあげちゃいますし
家族でジャンクフード店に行ったりもしますよね

 

たま〜にならまだいいと思いますが
それが日常化してるのならかなり危ないと思います

 

子どもの将来は親の意識で決まるといっても過言じゃないので
改めていろいろ学んでほしいですね

 

 

 

PS3 ちなみにその他の産毛を濃くする要因は
紫外線や運動不足も挙げられます

 

紫外線というとシミが有名ですけど
実は体毛も駆使して体を守ろうという働きもあります

 

でも真っ黒に日焼けするくらい極端でない限り
この点はあまり気にしなくていいと思います

 

運動は外でするものですし体育の授業は屋外が基本ですので
いちいち紫外線を気にしてられないですよね

 

運動不足という点からも矛盾が出ちゃいます

 

運動不足は筋力や代謝の低下が起きますし
慢性的なストレスにも繋がることから
男性ホルモンを増やすことにもなります

 

体を動かすと男性ホルモンが増えるという指摘もありますが
健康面から考えるとある程度は体を動かさないといけないのは
誰でも納得できることだと思います