コントロールジェルme 剃らない

このエントリーをはてなブックマークに追加   

コントロールジェルmeを使う時は
カミソリで剃ったり抜いたあとが効果的と言われますが
小さい子どもに使う場合はその限りじゃないと思います。

 

中学生くらいになったらまだいいかもしれないですが
小学生までは塗るだけにしたほうが無難です。

 

もともと子どもはムダ毛といっても大人より薄いですから
効果が出るのは早いです。無理に肌を傷つけることは
しないほうがいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

・抑毛ジェルは剃ってからの方がいい理由って?

 

 

 

コントロールジェルmeに限らないと思いますが
抑毛系の化粧品の使い方でよく言われるのが
剃ってから使うようにするというもの。

 

そうすることで成分がより浸透しやすくなるし、
長いムダ毛が邪魔することもなくなるとのこと。

 

場合によっては抜いてから使うことも
推奨する人もいますね。

 

たしかに単純な理屈ではそうなります。

 

毛穴といっても皮脂で満たされてると思うので
穴が開いてるからといってスムーズに液体が
入ってくとは限らないですが・・・
まああるよりないほうがマシかもしれません。

 

あと抑毛系の商品はコントロールジェルを見てもわかるように
肌に優しいってのが基本コンセプトにあります。

 

多くの化粧品は肌に悪いってよく言われるのは
添加物はもちろん合成界面活性剤が入ってるからです。

 

それが慢性的な乾燥肌とも関係してくるので
とっても由々しき問題なんですよね。

 

安全性に力を入れてる商品はそこがわかってるので
合成界面活性剤は使ってない特長があります。

 

個々の天然成分独自の浸透力にまかせるって感じでしょうか。

 

だから安全性が高いものは浸透力が劣る部分があるので
剃ったり抜いた後のほうがいいと
言われるようになっていったのかもしれません。

 

 

 

・剃る方法は子ども向きじゃない

 

 

 

それはそれで大間違いではないと思いますが
あくまでその方法は大人向きですね。

 

子どもの肌はご存知のようにとてもデリケートです。

 

大人と比べると皮膚が全体的に薄いので
全身が敏感肌といっても過言ではないです。

 

だからカミソリはNGとも頻繁に啓蒙されてますよね。
抜くことも肌を傷つける恐れがあるので同じです。

 

てことで子どもの場合、特に小学生くらいのうちは
ただ塗ってあげるだけにしてくださいね。

 

ヒゲでも腕毛でもすね毛でも共通です。
ムダ毛が濃いといっても大人と比べたら薄いので
もともと効果が出やすいんですよね。

 

だから余計なことをしないほうが吉です。

 

そのほうが手間がかかるうえに
新たな悩みが出てきちゃうかもしれないので・・・

 

炎症による痛みやかゆみ、見た目の悪さとか。

 

お風呂上がりは自然と毛穴が開いてるので
そのタイミングで塗るくらいの工夫で十分だと思います。

 

早く効果を出してあげたいなら
お風呂上がりじゃなくても
朝晩2回ぬってあげてくださいね。