コントロールジェルme 副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

コントロールジェルmeは赤ちゃんにも使えるほど
安全性が高いものですので
副作用の心配はほぼないといっていいです。

 

考えられる弊害はアレルギーですが
そのためにも全額返金保証がついてます。

 

 

 

・コントロールジェルmeの安全性の高さ

 

 

 

一応コントロールジェルmeの安全性について
確認しておきますね。

 

抑毛ジェルはいろんな種類がありますが
コントロールジェルはその中でも
一番安全性に気をつけて作られてるといえます。

 

伊達に8回もバージョンアップしてないですね。

 

成分数は多いですがほとんどが天然成分で
アルコール類や香料、着色料といった
化粧品に定番の成分は不使用です。

 

さらにいうと科学的な保存料もほぼ使ってません。

 

あとすごいのは成分の浸透性をアップさせるのも
天然成分を利用してることです。

 

マラカイトっていいますが成分表示には
孔雀石抽出物って書いてるのがそれです。

 

ふつうはなんとか誘導体とか
ナノなんちゃらとかが含まれてるものですが
そういうのより自然なもののほうが好感がもてます。

 

結局そういうものも科学的なものだしね。

 

子どもに使うのならなるべくケミカルなものに
頼らないものが望ましいですよね。

 

 

 

・化粧品で副作用?が起こる可能性は?

 

 

 

でもどんなに安全性に配慮して作られても
副作用が絶対ないわけじゃないです。

 

ちょっとうるさいことをいうと、
副作用ってのは医薬品に対する不都合な反応のことを言うので
化粧品に対しては使わない言葉なんだけど、
この記事では便宜上使うことにしてます。

 

理屈上は効果がとても緩やかな成分しか入ってないので
副作用的なことは起こらないと思いますが
肌質は人それぞれなので合わない人はいると思います。

 

それでもヒリヒリする程度だと思いますが
そういうときは使うのをやめるか
使う量や頻度を調節してあげるといいですね。

 

あと考えられるのはアレルギーです。

 

アレルギーの原因物質をアレルゲンといいますけど
実はアレルゲンになりえないものって
ないらしいってことは知ってましたか?

 

てことで成分数が多い化粧品ほど
皮肉にもアレルギーのリスクが高まるんですよね。

 

その辺も踏まえてお子さんに使ってあげるかどうかを
検討してほしいと思います。

 

口コミを見る限りではそんなに深刻な事態に
陥った人は見たことはないので、
アナフィラキシーショックとかのリスクは低いと
個人的には思います。

 

口コミはあまり当てにならない部分もありますが
悪い口コミほどよく出てくるものですよね。
リアルの噂話と同じで。

 

もし肌に合わない人が続出してるのなら
あっという間にネット上で話題になってると思います。

 

いまのところそういうのは見たこと無いので
あまり神経質になるのもアレかなとも思います。